新着News

2011 年04月12 日

社会風刺ソングがブームに!斉藤和義が音楽業界に火をつけた!

ずっと好きだった

シンガーソングライター・斉藤和義が自ら代表曲「ずっと好きだった」を"反原発ソング"に替えた「ずっとウソだった」が、ネット上を中心に爆発的な人気を見せている。これについて関係者の間では「ついにパンドラの箱を開けちゃいましたね」と、他のアーティストが斉藤の行為に触発され社会風刺ソングがブームになると推測されている→ ranking
斉藤和義の情報
 
(以下引用)
CMソングとしてヒットした「ずっと好きだった」のメロディーに乗せ「ずっとウソだったんだぜ。やっぱ、バレてしまったな」「何人が被ばくすれば気がついてくれるの? この国の政府」「この街を離れて、うまい水見つけたかい?」などと原発批判している。同局は動画投稿サイトYouTubeにアップされると、瞬く間にネット上に広がった。→ ranking

ところが、動画が上がるたびに斉藤の所属レコード会社が動画の削除を要請。所属レコード会社は「斉藤のプライベート動画が何者かの手によって無断でアップされた」とコメントしていた。[PR]iosys

そんななか、今月8日に斉藤自らUstreamの生番組『空に星が綺麗』の中で「ずっとウソだった」を熱唱。視聴者が殺到し、放送が一時フリーズするほどの反響を呼んだ。これに某音楽関係者は「ついにパンドラの箱を開けちゃいましたね」とポツリ。最近の日本のアーティストはこれまで社会風刺ソングは自重する傾向にあったが、斉藤の行為に触発され、今後次々とメッセージ性の強い曲が生まれるというのだ。[PR]こちらから

別のレコード会社関係者も「公の場ではやらないが、個人的なライブで今回の震災をネタにしているロックミュージシャンは多い。泉谷しげるさんなんかはその筆頭。斉藤さんの姿勢に感銘を受け、福島原発で働く作業員を賞賛する曲菅直人首相をボロクソにこきおろす曲でも作る気じゃないか。ACのCMに出ている『ウルフルズ』のトータス松本も猪突猛進な性格でしられる。ロックンロールの内田裕也さんなんかはいかにもやりそうですよね。しばらくは音楽業界はチャリティーソングと社会風刺ソングの2つがブームになるでしょう」と推測する。[PR]WebARENA

斉藤の替え歌は日本のアーティスト像に変化をもたらすかもしれない――。
(日刊サイゾー)

斉藤和義 反原発ソング『ずっとウソだった』動画
動画→ ranking
動画→ reading
動画→ reading
動画→ ranking

斉藤和義のうわさ
先週8日の斉藤和義・Ustream生番組『空に星が綺麗』では、「例の反原発ソングを歌うのでは!?」と配信前から注目を集めていましたね。
「反原発ソングを『第三者が勝手に公開した』というのは、ロード&スカイという老舗マネジメント事務所が付いている斉藤の場合、あり得ない話。また事務所が知っていたとして、ビクター側に断りなく音源を公開した、というのも業界の慣行から見て考えにくい。斉藤はここ数年、ビクターの後押しもあって再ブレークした経緯があり、同社と事務所との関係も良好です。『公開後すぐに削除する』ことを前提に、ビクター側が一連の動きを黙認したものの、反響の大きさに慌てているというのが実情でしょう」とも言われている。
この一連の騒動により、斉藤の反原発ソングに触発される歌手・アーティストが続々出現しそうですね。一般には今までタブーとされてきた社会風刺ソング。ついにパンドラの箱が開かれたのでしょうか。


この記事へのコメント
個人的には、会いたくて会えなくて震えちゃうような曲よりは好き。
Posted by みゆ at 2011年04月12日 14:03
個人的には、会いたくて会えなくて震えちゃうような曲よりも、こっちのが好き。
Posted by みゆ at 2011年04月12日 14:03
賛否両論ある内容だと思うけど、歌った勇気はすごいし、彼は信念の塊だと思う。不良タイプでもないから、内心はつぶされそうかも。絶対支えたい!絶対支持します!
Posted by at 2011年04月12日 14:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ぴかぴか(新しい)最新芸能情報ぴかぴか(新しい)
次項有ジャニーズの最新情報は⇒芸能広場
次項有芸能全般最新ニュースは⇒ブログ全集
次項有アイドルネタをチェック⇒うわさ
 
  • SEO
  • loading
  • エンタメ裏Max

ブログパーツ アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。