新着News

2011 年06月01 日

長瀬智也と相武紗季の破局報道は事務所のヤラセか…二股回避!?

相武紗季 2011年 カレンダー

5月27日発売のフライデー(講談社)に相武紗季長瀬智也完全破局が報じられたが、大きく取り上げられることもなく、なぜこの時期に?とも思える。これには事務所側のヤラセでは・・・と言う説もあり、相武はすでに違う男性と交際していることから二股イメージを回避したいという魂胆だとか→ ranking
相武紗季の情報
 
(以下引用)
掲載されているスポーツ紙記者のコメントで(長瀬智也とは)「完全に別れたそうですよ」と記載されているが......。サラリと言ってのけた上に「決定的だったのが浜崎あゆみの電撃結婚。元カノの結婚にショックを受けて落ち込む長瀬を見て、相武が愛想を尽かして別れを切り出したようです」と、これまで報道されていなかった破局の原因にまで言及している。→ ranking

2人の破局が最初に報じられたのは今年1月。女性週刊誌に「将来の見えない交際に、相武はついに愛想を尽かして自ら別れを切り出した」と報じられた。しかし、その後別の女性週刊誌で「今でも交際順調」と伝えられ、最初に破局を報じたのがジャニーズとは犬猿のメディアだったこともあり「信ぴょう性は薄い」と言われていた。結局、2人が別れたのかどうかはうやむやのままだったが、今回の「フライデー」を読むと「当然別れていた」という印象すら受けてしまう。記事中では、破局について双方の事務所ともコメントはしておらず、見出しも「リバウンドでの怪演で新境地を開拓」と、ドラマの宣伝のようにも見える。なぜこれほどの特ネタを、この程度の扱いにしてしまうのだろうか?[PR]iosys

「通常こういった破局、熱愛に関する内容の記事を掲載するのであれば、編集部はタレントの所属事務所に連絡を入れます。今回は相武の写真しか掲載されていませんが、記事内で浜崎のことにまで触れているので、確実にジャニーズとも折衝をしているはず。それなのにこうして記事が掲載されているところを見ると、ヤラセの可能性も考えられます」(週刊誌記者)とはいえ、別れていないものを「完全に別れたそう」と簡単に報じるはずもない。「ヤラセ」と言っても少し意味合いが違うようだ。[PR]こちらから

「事務所サイドの『別れたということを広めてほしい』という意思が感じられます。相武はすでに違う男性と交際しているそうですが、その人物との2ショットを撮られてしまうと、『長瀬と二股を掛けていた』ということになってしまう。それを防ぐため、少しずつ世間に『もう別れている』という印象を植え付けていきたかったのでは。撮影現場のオフショットはサービスで、あえて撮らせていた可能性もありますね」(前出記者)[PR]WebARENA

こういった駆け引きは少なからず行われており、過去に蒼井優がV6・岡田准一と破局した際も同じ手口が取られていたという。2人はスポーツ紙の報道で破局が明らかとなったが、その時点で蒼井は大森南朋と交際していた。大森とのツーショットを撮られるのも時間の問題で、もしそうなってしまえば蒼井・岡田の両者にとってマイナスイメージにしかならない。そこであえてメディアに情報をリークし、新恋人が発覚してもいい土壌を築いたというわけだ。3年以上の交際期間で、一時期は完全同棲状態だったという長瀬と相武。相武と新恋人の交際が大々的に報じられる日も、そう遠くはないのかもしれない。
(サイゾーウーマン)

相武紗季 ベッド写真流出!
画像→ reading
画像→ ranking
画像→ reading

長瀬智也のうわさ
何度も「別れた」「交際は順調」を繰り返し報じられていた長瀬智也と相武紗季。フライデーによると相武は「現在はイケメンのスタイリストと順調に交際中」とのことですが、二股によるマイナスイメージを防ぐために、"すでに長瀬とは破局していた"というイメージを植えつけることで長瀬との破局時期や新恋人との交際発覚時期をうやむやにしたいのでしょうか・・・。


この記事へのコメント
【元カノの結婚にショックを受けて落ち込む長瀬を見て、相武が愛想を尽かして別れを切り出したようです」あんなケバ婆に失恋する奴は人間じゃねぇタコW
Posted by at 2011年06月02日 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ぴかぴか(新しい)最新芸能情報ぴかぴか(新しい)
次項有ジャニーズの最新情報は⇒芸能広場
次項有芸能全般最新ニュースは⇒ブログ全集
次項有アイドルネタをチェック⇒うわさ
 
  • SEO
  • loading
  • エンタメ裏Max

ブログパーツ アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。