新着News

2012 年07月05 日

TKO木下の母も生活保護不正受給疑惑!嘘の失踪届を出し申請

【送料無料】TKO 修行/TKO[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】

「次長課長」河本準一(37)に端を発した生活保護不正受給問題が、今度はお笑いコンビ「TKO」の木下隆行(40)に飛び火した。実母の定子さん(66)が昨年11月に出版した著書のなかで、過去に生活に困窮したとき、ウソをついて夫の失踪届けを提出し、生活保護を受給していたとつづっているのだ。事実なら不正受給に当たる可能性がある→ ranking
TKO 木下隆行の情報
 
(以下引用)
木下の母・定子さんは現在、大阪を中心に「焼肉料理きのした」などを展開する「キノシタグループ」の社長を務めている。年商は約20億円だが、30年以上前は3男1女の子供を養いながら、夫の借金返済に追われる極貧生活を送っていた。連日、家には借金取りが押しかけ、一家は大阪から広島や福岡に夜逃げしたこともあるという。そうした貧乏時代からの”成り上がり”を記したのが、昨年11月に出版された「きのったまオカン 涙と笑いの半世紀」(講談社)。その中で定子さんが記した以下のくだりが波紋を広げている→ ranking

借金苦から実業家に!TKOの母・木下定子
画像→ ranking
画像→ reading
画像→ reading

私は子ども四人を一人で養っていくため、夫の”失踪届”を提出し、恥を忍んで生活保護を申請した。嘘をついて「失踪」という文字を書くのはつらかった
ポイントはは「嘘をついて―」という部分。夫と申し合わせの上、”失踪扱い”にして生活保護を受給したなら問題だ。日大名誉教授(刑法)の板倉宏氏は「夫の居場所が分かっているのに失踪届を出せば違法です。虚偽申告による詐欺罪で、10年以下の懲役になります」と指摘する[PR]one

これに定子さんをマネジメン卜する松竹芸能は「本人に確認したところ、夫と連絡が取れず、一時期失踪していたのは事実です。問題のくだりは説明不足で誤解を招いてしまった」と謝罪した上で次のように釈明した。「”ウソ”と表現したのは、夫の失踪理由を問われた時に、借金のことを隠した点を指すようです。当時、生活保護を受給するには厳しい審査があり『借金を苦に夫がいなくなった」と答えることで、保護が下りないことを危惧した。子供4人を養うため、なりふり構っていられない定子さんは夫の借金のことを伏せて、申告したそうです[PR]WebARENA

こうして定子さんは35年ほど前にひと月10万円程度の生活保護費を18ヶ月計180万円〜200万円を受給したという。それにしても冷静に考えて、失踪理由をごまかす行為は”不正受給”に当たらないのか?生活保護潤題に詳しい関西国際大学の道中隆教授(62)は「資産もなく生活保護がないと生きていけないと認定されれば、理由は不問で受給されます。受給しなければ『餓死しろ』ということになりますからね。木下さんの場合、アルバイト勤めの母親1人の収入で子供4人を養うのは事実上不可能ですから、不正受給には当たりません」と解説する。
河本や「キングコング」梶原雄太(32)のケースについては「あの2人の場合、マンションを所有するなど資産形成の事実があることから、限りなく脱法に近い。梶原さんはマンションを親族のローンの担保に入れているため、売りたくても売れないと話しているが、そこに母親が住んでいることがおかしい。もっと賃料の安い物件に母親を転居させ、空いた部屋を第三者に貸し、賃料をもらうやり方もある。2人のケースと木下さんのケースを同列に扱ってはならない」と指摘する[PR]美感青汁
(東スポ)

TKO 木下隆行のうわさ
35年ほど前といえば木下はまだ5歳ぐらい。一家の収入が母親のアルバイト代だけだったため18ヶ月の間、月10万円程度の生活保護を受給していたという。これは「財テク」とも思える河本システムや梶原システムとは大違いなので同じ生活保護受給者としてひと括りにするのは少し気の毒ですね。著書に数行記しただけで浮上した木下家の”不正受給疑惑”。とりあえず法律的には何の問題もなさそうだ。

上戸彩さん着用、浴衣♪「三ツ矢サイダーCM」衣装

⇒ジャムウ・ハーバルシリーズの詳細・購入はこちら



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ぴかぴか(新しい)最新芸能情報ぴかぴか(新しい)
次項有ジャニーズの最新情報は⇒芸能広場
次項有芸能全般最新ニュースは⇒ブログ全集
次項有アイドルネタをチェック⇒うわさ
 
  • SEO
  • loading
  • エンタメ裏Max

ブログパーツ アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。