新着News

2013 年03月20 日

大塚範一、外食三昧だった!白血病再発で復帰白紙の裏に「ひとり身の孤独」ゆえの焦り

200字で伝える気のきいた1分間スピーチ


11年11月に急性リンパ性白血病により入院、闘病生活を 経て4月スタートの新情報番組『アゲるテレビ』(フジテレビ系)で復帰予定だった大塚範一キャスターが、病気の再発により、復帰が白紙となってしまった。
実は、退院後の大塚キャスターの生活は、外食やこってりした惣菜が多かったという→ ranking
(以下引用)
「大塚さんから連絡が入った のは14日。数値が悪くなっ てしまった。ご迷惑をかけて申し訳ない″と。その後、上層部の会議で降板が決定。後任は、自局アナになりそうです」(テレビ局関係者)
『アゲるテレビ』で復帰だった理由は、「局としても当初は、復帰は9月以降と考えていました。ですが、治療の励みになる”という本人の声もあって、4月に早めたんです。視聴率で苦戦しているフジとしては、目玉”が欲しかった部分も」(前出・テレビ局関係者)
ある制作会社スタッフからは、こんな話も。
「仲良しだったアヤパンや中野美奈子アナも辞めてしまった。どんどん変わっていく周りの環境。その孤独感と年齢的な焦りがこういった結果を招いてしまったのかも」
そんな中、2月某日に都内洋食店で彼が同年代の女性と復帰の前祝いなのか、ディナーを楽しんでいたという。
「坊主頭で少し髪の毛が生えていました。家着のようでしたね。顔は浅黒く、目は充血して潤んでいて、顔まわりもむくんだ感じでした。同伴の女性と3時間以上、赤ワインと一緒にパスタやチキンソテーを食べていました。最後には余ったバゲットも持ち帰って」(居合わせた客)
昨年10月の外出姿、そして年末にもデパ地下でコロッケやメンチカツ、肉まんなどを買い込んでいたことを報じている。
「昨年2月に最愛の母を亡くしています。なるべく誰かに会いたくて外食中心の生活になってしまったのでしょう。家では料理を作らないので、こってりした惣菜を買って帰ることも。もし生活改善をしてくれる奥さんがいたら…」(スポーツ誌記者)
(週刊女性)

ほんとに誰か奥さんがいてくれたなら…。
退院して好きなものを食べたかったのだろうけど、やはりまったく自炊をしないとなると、
よほど気を付けていないと負担のかかる食事になる・・・。
ゆっくり治療に専念して、今度はあまり急がずに仕事はレギュラーではなく、単発のものでいいのではないだろうか…。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ぴかぴか(新しい)最新芸能情報ぴかぴか(新しい)
次項有ジャニーズの最新情報は⇒芸能広場
次項有芸能全般最新ニュースは⇒ブログ全集
次項有アイドルネタをチェック⇒うわさ
 
  • SEO
  • loading
  • エンタメ裏Max

ブログパーツ アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。